韓国に在日のための「癒しの村」誕生す


わしが反日ハンター・神功正毅ぢゃ。
韓国に在日のための「癒しの村」が誕生したそうぢゃ。
南海タイムス (ソース韓国語)/日本村から在日村に変更、ヒーリングビレッジ
http://www.nhtimes.co.kr/news/articleView.html?idxno=25422
<引用開始>
韓国南海郡が推進する在日同胞の町である" 南海ヒーリングビレッジ "造成事業に
文化体育観光部と慶尚南道の予算支援が確定され、
日本での帰国説明会を通じて第一陣になる20世帯の入居者が確定、本格的に推進される見通しだ。

当初は "日本村" という名称でこの事業は、反日感情論争になり "在日同胞の村 "と対象者を明確に明示、
休養とヒーリングというテーマを与え、韓国の収益モデルという趣旨から"ヒーリングビレッジ"となった。

南海郡が追求する在日村にはチャンソンミョンジンドンリ一帯17万3714平方メートルに233億ウォンの予算が投入される。
住宅・観光が調和した多目的コミュニティセンター、公園、エコ住宅、レクリエーションホテルなどが入る予定だという。

韓国軍は2011年10月に日本現地の在日誘致説明会を皮切りに、2012年6月には事業の妥当性調査と基本計画の策定、
2012年7月に開発許可の指定、2013年8月には複合型地区単位計画策定用役発注などの手続きを進めてきており、
共有財産管理計画に反映するなど、来年2014年の事業着手を控えている。

去る11月10日~13日まで日本の東京などで在日同胞を対象にした説明会でジョン・ヒョンテ郡守は、
「(在日が)最も休養しやすい都市で故国定着の夢を実現させようと願う」と明らかにした。

今回の説明会でベジンホ文化観光課長は「ヒーリングビレッジは、日本人町という誤解を解き、
在日同胞の村の概念であるヒーリングと観光というテーマをつけて開発している町」とし、
「日本に住む在日韓国人たちの郷愁を込めた故国定着村に留まるのではなく、瞑想やヨガなどを合わせた
"ヒーリングセンター"になる。特色ある住宅が調和し入場料金を受ける収益モデルとして開発、村や郡が共存するモデルになるだろう」と述べた。

(第一陣になる)合計35世帯のうち20世帯が、今回の現地説明会で入居が確定し、
次の15世帯も来年上半期までに確定する計画だ。

<引用終了>



いいなあ、在日は。
韓国には日本人であることを理由に入場を拒否するリゾート地があるのに。
韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)/【韓国企業の社会的責任】日本人お断りのリゾート地やゴルフ場
http://netanarugazou.doorblog.jp/archives/34958181.html
<引用は省略します>


日本に住む在日韓国人たちのための「癒しの村」を作ってもらえて(棒)。

彼らには帰る場所があるんだ。

ぢゃから在日韓国人よ、南海ヒーリングビレッジ に入居して故国に定着せよ!

徴兵検査を受ける
覚悟を完了せよ!


パク・クネの父と盧武鉉(ノムヒョン)元大統領から吐きかけられた侮辱を晴らせ!


「在日は分別なく故国を捨て、日本に密入国した」(朴正熙


千年政治と日本復活の条件/私は在日韓国人など信用していない盧武鉉大統領
http://lave7171.iza.ne.jp/blog/entry/1075445/
<引用開始>

韓国 盧武鉉(ノムヒョン)前大統領の言葉


「異国で国籍を死守することがいいとは思わない、同胞にはその社会で貢献して欲しい」


「韓国戦争から逃げた連中が、祖国統一を口にするのはおかしな話だ。日本には弾は飛んでこないだろう。僑胞にそんなことを言う資格などない。」


「私は僑胞の連中を信用などしていない徴兵の義務を負わないくせに韓国人を名乗り、 日本の選挙権を求める。馬鹿げていないか。つまりは、いいとこどりではないか。
私たちが苦しい思いをしていた頃、僑胞の連中は私たちよりいい暮らしを日本でしていたのだ。 僑胞は僑胞だ。韓国人ではない。」 (03年6月の訪日時TBSのテレビ番組より)

<引用終了>


在外韓国人よ、祖国を見捨てて海外に逃亡した自分たちの祖先と違って祖国を守るために戦った


マッカーサーに「いつまでソウルをもちこたえられるか?」と聞かれた際、「閣下、自分は閣下と同じ軍人であります。中隊長が守れといったら死んでも守ります。」と言った韓国軍の将兵のように、


「我々が多富洞を失えばテグが持たず、テグを失えばプサンの失陥は目に見えている。そうなればもうわが民族の行くべきところはない。だから今、祖国の存亡が多富洞の成否にかかっているのだ。我々にはもう退がる所がないのだ。だから死んでもここを守らなければならないのだ。しかも、はるばる地球の裏側から我々を助けにきてくれた米軍が我々を信じて谷底で戦っているではないか。信頼してくれている友軍を裏切ることが韓国人にできようか。今から私が先頭に立って突撃し陣地を奪回する。貴官らは私の後ろに続け。もし私が退がるようなことがあれば誰でも私を撃て。さあ行こう!最終弾とともに突入するのだ。」
と言って将兵を奮い立たせた朝鮮戦争開戦時の韓国軍第一師団長、白善燁のように


彼らを見習って祖国へ帰り、


兵役の義務を果たせ!
スポンサーサイト

テーマ : 韓国について
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神功正毅

Author:神功正毅
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR