FC2ブログ

21世紀の「ハル・ノート」? ~朝鮮戦争再開か?米朝会談中止さる

 
反日ハンター・神功正毅です。
トランプ米大統領が6月12日にシンガポールで開催が予定されていた米朝首脳会談を中止する考えを表明しました。
YOMIURI ONLINE/トランプ氏「北朝鮮と世界にとって大きな後退」
http://www.yomiuri.co.jp/world/20180524-OYT1T50138.html?from=ytop_main1
<引用開始>
トランプ米大統領は24日、ホワイトハウスで記者団に対し、6月12日にシンガポールで開催が予定されていた米朝首脳会談を中止する考えを表明した。
 これに先立ち、ホワイトハウスはトランプ氏が北朝鮮の金正恩キムジョンウン朝鮮労働党委員長に宛てた書簡を公表した。
 対話による北朝鮮の核・ミサイル問題の解決の機運が高まっていた米朝関係は、重大な局面を迎えた。
 トランプ氏は会談中止について、「これは北朝鮮にとっても世界にとっても大きな後退だ」と記者団に述べた。マティス国防長官らと協議したことを明らかにし、「米軍は世界で最強だ。必要であれば、(軍事的措置の)準備はできている」と強調。一方で、「金正恩氏が対話を選ぶなら、私は待っている」とも語った。
<引用終了>




ちなみにトランプ氏が金正恩に宛てた書簡がこれです。
日経新聞/トランプ米大統領の書簡全文
http://www.sankei.com/world/news/180524/wor1805240055-n1.html
<引用開始>
 米ホワイトハウスが公表したトランプ米大統領による北朝鮮の金正恩委員長宛の書簡全文は次の通り。
 シンガポールで6月12日に開催予定となっていた、双方が長いこと求めてきた首脳会談に関する最近の折衝と協議へのあなたの時間、忍耐、努力に本当に感謝する。会談は北朝鮮によって要請されたと伝えられていたが、それは我々には全く関係のないことだ。私はあなたと会談に参加することを非常に楽しみにしていた。
 残念なことに、直近のあなた方の声明に表れた激しい怒りとあらわな敵意に鑑み、私は現時点ではこの長く計画してきた会談を実施するのは不適切だと感じる。よって、この書簡をもって、双方のために、しかし世界にとっては損害となるが、シンガポールでの首脳会談は実施しないと表明する。あなたは自分の核戦力について語るが、米国の核兵力はあまりにも大規模で強力で、私はそれが決して使われずに済むことを神に祈っている。
 私はあなたと私の間で素晴らしい対話が築かれつつあると感じていた。そして究極的には、重要なのはその対話だけだ。いつの日か、私はあなたと会うことを非常に楽しみにしている。一方、(米国人の)人質解放に感謝する。彼らはいま家で家族とともにある。素晴らしい意思表示で、非常に感謝している。
 この最も重要な首脳会談について考え直すことがあったら、遠慮なく私に電話するか手紙を書いてほしい。世界、そして特に北朝鮮は、永続する平和、素晴らしい繁栄と富の大きな機会を失った。この逃した好機は歴史における真に悲しむべき瞬間だ。
<引用終了>



これは21世紀の「ハル・ノート」と言うべき最後通牒文です。
特に「あなたは自分の核戦力について語るが、米国の核兵力はあまりにも大規模で強力で、私はそれが決して使われずに済むことを神に祈っている。」は元寇の直前にフビライハンが日本の鎌倉幕府に送った国書の「我々は全ての国を一つの家と考えている,日本も我々を父と思うことである.このことが分からないと軍を送ることになるが,それは我々の好むところではない.」という「我が国の属国になれ!さもなくば戦争するぞ」という脅迫に通じるものがあります。



ちなみに会談予定の6月12日は新月の2日前で
便利.com/2018年(平成30年)戌[いぬ]年カレンダー
http://www.benri.com/calendar/2018.html
会談が決裂すれば2日後にステルス爆撃機を中心とした航空戦力が北朝鮮を奇襲することになっていたかもしれません。




では朝鮮戦争が再開すれば日本はどうなるのか?

金正恩の
「ミサイル発射!」
ミサイル発射!









機動戦士ガンダム 第二十五話オデッサの激戦 ダイジェスト
http://www.nicovideo.jp/watch/sm8530709





の命令一下北朝鮮が日本に向けてミサイルを発射するのはもちろん、北朝鮮の関連施設に隠し持った
隠し持つゾンネンシュターン













迫撃砲等の武器を持って武装蜂起するであろうことは火を見るよりも明らかです。
殺傷力の高い得物を反日勢力が所有し、彼らが有事の際に戦争相手国に呼応して蜂起すれば日本は内側から崩壊することになります。
そしてそれが決して杞憂でないことは私が百万言を費やすより
主水の受傷直後の画像
















しばき隊リンチ事件の実際の音声
https://www.youtube.com/watch?v=wSSOM-F0I-Y
この一葉の写真と音声データが雄弁に物語っています。



警察への捜査協力は
国民の義務だ!

国民よ、普段から北朝鮮を利する言動を行う輩に警戒の目を向け、日本の国防を弱体化させる北朝鮮をはじめとする特亜の工作と思しき言動に惑わされず、
マキャベリ
自らの安全を自らの力によって守る意思を持たない場合、いかなる国家といえども、独立と平和を期待することはできない。なぜなら、自らを守るという力量によらずに、運によってのみ頼るということになるからである。
すべての国家にとっては、領国を侵略できると思う者が敵であると同時に、それを防衛できると思わない者も敵なのである。どこの国が今までに、防衛を他人に任せたままで、自国の安全が保たれると思ったであろうか。
他国が強大になる原因を作った者は必ずや滅ぶ
自国の軍がなければ国の安全はない。危機が訪れたとき国を守ろうという勇気や忠誠心を誰も持ち合わせていないので頼れるものは運のみである。
国を失ういちばんの近道は兵法をおろそかにすることであり、国を得るいちばんの近道は兵法に通じることである
君主に必要なのは兵法のみである。兵法は先祖から国を受け継いだ君主がその座を維持するためにも役立つばかりか、一介の市民を君主に押し上げることも多い
武力がある者に対して武力がない者にしたがえというのはどだい無理な話だ


毛沢東
政治とは、流血を伴わぬ戦争である。一方、戦争とは、流血を伴う政治である


ヴォルテール
戦争は従属ほど負担が重くない。


吉田松陰
国家というものは自ら存在するものである。どうして外国の機嫌を取る必要があろうか?必要はない。また、どうして外国の指導を受ける必要があろうか?ありはしない。


シャルル・ド・ゴール
軍隊が敗北すれば、いかなる政治の成功も不可能である。また、政治的手腕を欠いた戦略には一文の価値もない


スウェーデン ハンソン首相
将来に向けても厳正中立を貫く決意を有する…中立を維持するためならば、必要な戦いも辞さない 


ホッブズ
剣の裏付けがない契約は、単なる言葉に過ぎない。


ジョージ・ワシントン
戦争に備えることは、平和を守るもっとも有効な手段の一つである


ヴェゲチウス
平和を欲するなら戦争を学べ

スイス軍アンリ・ギザン将軍
我々は自分たちの運命を手放すことなく、掌中にしていられるであろう。敗北主義の流言に惑わされることなく、自らの力を信じて鉄の意志を持てるならば、精強な外敵に対する抵抗も成し遂げられるであろう


江畑謙介
残念ながら国民一般がもつ軍隊や兵器に関する知識は驚くほど少なく、したがって正確な情報を国民に提供すべきメディアの知識もまた貧弱で、多くの間違いや誤解に基づく情報が流されている。……これは民主主義にとって極めて危険な状態である。


スイス政府発行の冊子、『民間防衛』
国内の敵は、政府と国民を引き離すため、刃向かうものすべてを中傷し、とくに政府や州当局の要人に対して疑惑の目を向けさせることによって、政府の権威を根底から覆そうとする。国民がこれら当局者を信頼しなくなったときこそ、国民を操縦するのに最も容易なときである。

小学校から大学に至るまでの教師たちが、我々の自由の理想と国民的な名誉に対して忠実であるならば、占領軍は絶対にその思想に手をつけられず、屈服させることはできないだろう。精神的な抵抗運動を誰よりもまず最初に引き受けて実行するのは、我が国の教育者たちである。

(ある国の)国民に戦うことを諦めさせ、軍用機や装甲車、訓練された部隊などはすべて役に立たないと納得させることができれば、武器を使うことなく、その抵抗を打ち破ることができる。それは巧妙な宣伝によって可能となる。

現代は、宣伝の技術や手段が発達しているので、あらゆる形で他国に浸透することが可能だ。ある国は、防衛姿勢を示すことなく敗北し占領されてしまった。それは、その国民の魂が、利害関係のある「友人」の演説に心地良く酔わされて、少しずつ眠り込んでしまったためである。

戦争は嵐が草木を打ちのめすように我々を打ちのめすだろう。持ちこたえなければならないのは軍隊だけではない。全国民が軍隊の背後で抵抗しなければならない。軍隊は、その背後に国民の不屈の決意があることを感じたとき、はじめてその任務を完全に遂行できるのだ。

陰険で周到な宣伝は、国民の抵抗意思を挫くことができます。心がくじけたときに、腕力が何の役に立つでしょうか。反対に、決意を固めた指導者のもとに全国民が団結したとき、誰が彼らを屈服させられるでしょう。民間国土防衛は、まず意識に目覚めることから始まります。



これらの名言を心に刻み、特亜とその手先、とくにNHKのディレクターの職権を悪用して反日、親特亜宣伝を行うnosのような輩
反日主義者のたどる道70 ~nos噴射!しばき隊のメンバーにNHKのディレクターがいることが判明す
「『沖縄と核』から考える日米関係と憲法9条」








新社会運動 春の断韓祭り in 帝都【火病特集!】27.4.12(6:23頃)
https://www.youtube.com/watch?v=98cfvJUcmJ4



による日本国内の分断工作、特亜に都合の悪いニュースを報道しない自由、矮小化する自由の行使を拒絶し、国民に必要なニュースを周知せよ!





そして、NOS(亜酸化窒素)を噴射したチューニングカーのように猛スピードで反日勢力を国外へ吹っ飛ばせ!、
ワイルドスピード レースカーニトロ
https://www.youtube.com/watch?v=m8KDcDg1Vvk
 
ワイルドスピード!!個人的に好きなシーン
https://www.youtube.com/watch?v=UoDke7Ctv5Y


スポンサーサイト



テーマ : 北朝鮮問題
ジャンル : 政治・経済

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

米朝首脳会談6月12日開催せず!トランプ「我々の核の方が大量で強力!使用されないことを祈る」

↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 最初から騙す気だった北朝鮮の金正恩だが、トランプ政権を騙すことはできなかった! 5月10日にアメリカ人の3人の人質を解放し、5月24日にプンゲリ核実験場の坑道を爆破したが、その直後に6月12日に予定されていた米朝首脳会談をキャンセルされた! トランプから金正恩への書簡には「君は核兵器の能力について語るが、我...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神功正毅

Author:神功正毅
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR