「嫌なら見るな」の一里塚2 ~フジテレビ内で1000人の人事異動が発生す

反日ハンター・神功正毅です。
フジテレビの亀山千広社長が6月27日付で全社員約1500人の3分の2に当たる1000人の人事異動を断行したことを明らかにしたそうです。
YAHOO!ニュース/<フジ社長>視聴率低迷で大異動 社員3分の2の1000人を「2位にしがみつきたい」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140711-00000008-mantan-ent
<引用開始>

 フジテレビの亀山千広社長は6月27日付で全社員約1500人の3分の2に当たる1000人の人事異動を断行したことを明らかにした。開局以来の大規模異動といい、亀山社長は「一にも二にも視聴率の奪還が柱」と狙いを語りながら「PK戦でもいいからとりあえず(視聴率)2位にしがみつきたい」と決意を表明した。


 フジテレビは、2000年代まで視聴率で3冠を独占していたが、最近は日本テレビとテレビ朝日の後塵を拝するようになっている。2013年の年間視聴率(12年12月31日~13年12月29日)は、テレビ朝日がゴールデン帯(午後7~10時)とプライムタイム帯(午後7~11時)で2冠。同年度視聴率(13年4月1日~14年3月30日)は、日本テレビがゴールデン帯と全日帯(午前6時~深夜0時)で2冠を奪い返すなど、日テレとテレ朝の2社間で繰り広げられている。
.

 亀山社長は7月の平均ゴールデン・プライム帯の平均視聴率が2桁に届いてないことを明らかにした上、「(視聴率で)2位に入っていなければ決勝進出できないのであれば、PK戦でもいいからとりあえず2位にしがみつきたい」と述べた。
<引用終了>


このフジテレビの状況をF1中継で実況したことがある古舘伊知郎風にいうなら
おおっとぉ、フジテレビ内で「社内民族大移動」発生だぁ!

といったところでしょう。

フジテレビ内での「社内民族大移動」発生の原因は
嫌なら見るな」の一里塚 ~フジテレビが日曜ゴールデンタイムに衝撃の視聴率2%を叩き出す!
でも書いたとおり、「バイキング」の平均視聴率が1.8%に下がり、「ワンダフルライフ」なる番組の平均視聴率が2.1%に下がるなど自社番組の視聴率の低下に歯止めがかからないことです。

それを如実に示すのが、4月から6月にかけて放送された月9ドラマ・「極悪がんぽ」が“フジ月9”史上最低視聴率を9.9%と更新したことです。
リアルライブ/「極悪がんぽ」が“フジ月9”史上最低視聴率更新 打ち上げで悔し涙の尾野真千子に同情の声も…
http://npn.co.jp/article/detail/53340281/
<引用開始>
 NHK朝ドラ「カーネーション」(11年後期)で国民的女優となった尾野真千子が、初めて民放の連続ドラマで主演を務めることで注目を集めた、フジ月9枠の「極悪がんぼ」(月曜日午後9時~)が散々な結果に終わった。

 同ドラマは初回(4月14日)こそ、13.6%(数字は以下、すべて関東地区)とまずまずのスタートを切ったものの、第3話(同28日=9.1%)で早くも1ケタ台に転落。以後、低空飛行が続き、第10話(6月16日)には7.8%を記録した。これは、過去のフジ月9枠の最低だった「ビブリア古書堂の事件手帖」(剛力彩芽主演)最終回(13年3月25日)の8.1%を下回り、ワースト視聴率を更新。

 最終回(第11話=6月23日)は10.3%と回復したものの、全話平均視聴率は9.9%と1ケタ台。これまで、月9史上最低だった「婚カツ!」(09年4月期/中居正広主演)の10.5%に及ばず、平均視聴率でもワーストとなり、「極悪がんぼ」はありがたくない2冠王となった。

 最終回の放送があった6月23日には、番組の打ち上げが開かれたが、同ドラマの主題歌「喧嘩上等」を担当し、打ち上げでサプライズライブを行った「氣志團」の綾小路翔が、自身のツイッターで、「最後にごあいさつをした尾野真千子さんが『楽しかった。でも辛かった。苦しかった。悔しかった。数字じゃないと慰めてもらったけれど、視聴率を取れなかったのは主演の責任』と涙を流した。全身が震えた。この方の演技力は以前からズバ抜けていたけれど、意識の高さが尋常ではない。感服。負けていられない」とツイート。

 その後、「誤解のないようにお伝えしますが、尾野さんの涙は決して失意によるものではなく、今作の内容に対する自信と、仲間達への感謝と、未来を見据えての強い意志のある涙でした」と補足したが、尾野は「極悪がんぼ」がフジの看板ドラマ枠である月9史上ワーストとなったことに、主演として責任を感じたようだ。

 ただ、尾野に同情する声も多々ある。テレビライターのA氏は「今クールは多くの連ドラが低迷。『ホワイトラボ~警視庁特別科学捜査班~』(TBS)、『SMOKING GUN~決定的証拠~』(フジ)、『ブラック・プレジデント』(フジ)、『なるようになるさ。』(TBS)などは全話平均視聴率7%台で終わっています。それに比べれば、『極悪がんぼ』はまだいい方。フジ月9枠だから、厳しい声がありますが、ボロクソにいうほどひどい視聴率ではないです。数字はドラマの内容やキャスティングにもよりますし、世の関心がサッカーW杯に向いていた影響もあるかもしれません。尾野はあまり気にしない方がいいのでは…」とコメントしている。
<引用終了>


「月9」と言えば
Wikipedia/フジテレビ月曜9時枠の連続ドラマ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%B8%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E6%9C%88%E6%9B%9C9%E6%99%82%E6%9E%A0%E3%81%AE%E9%80%A3%E7%B6%9A%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%9E
を見てわかるとおり、「HERO」の34.3%、「ラブジェネレーション」の33.8%を始めとする高視聴率枠の代名詞といえる存在でしたが、それがいまでは「HERO」の1/4しか視聴率を稼げない体たらくになってしまいました。

なぜ視聴率3冠を数十年間保持してきたフジテレビがここまで零落したかは
きらやまと・さらいにこ
http://kirayamato-sarainiko.at.webry.info/

正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/
そして下掲書を見ていただければわかるので簡潔に説明すると、「自分たちやスポンサー、特亜にとって都合の悪い真実を報道しない自由」を振りかざして日本dis、韓国ageを繰り返し、それを視聴者に指摘されると「嫌なら見るな」といった客を客とも思わない殿様商売を続けてきた末の通過点が「「月9」ドラマの平均視聴率10%割れ達成&「社内民族大移動」発生」です。


ネットの発達によって「自分たちやスポンサー、特亜にとって都合の悪い真実を報道しない自由」を振りかざして日本dis、韓国ageを繰り返してきたことを暴かれたマスコミが視聴者の信頼を取り戻すのは困難ですが、テレ朝やTBSと違ってフジテレビには復活のチャンスがあります。


なぜなら系列に産経新聞や扶桑社など保守的な言論をする企業があり、それらから愛国的な企業風土を取り入れることができるからです。


フジテレビには「「月9」ドラマの平均視聴率10%割れ達成&「社内民族大移動」発生」という屈辱を晴らすべくかってのキャッチコピー「楽しくなければテレビじゃない」もさることながら「正しくなければテレビじゃない」をスローガンに経営体質を改善してもらいたいものです。

そして、経営体質を改善し、業績をアップさせるためには
あの国のあの法則
http://www.h3.dion.ne.jp/~duke/politics/hosoku1.html
<引用開始>
【絶対法則】

第一法則
国家間から企業、個人に至るまで、朝鮮半島(韓国、北朝鮮)と組むと負ける。
<引用終了>
を回避しなければなりません。

そのためにすべきことは日本dis、韓国ageをする民族の社員を

おおっとぉ、フジテレビ外へ「社外民族大移動」発生だぁ!

とし、報道姿勢と番組内容を愛国的にすることです。


スポンサーサイト

テーマ : 報道・マスコミ
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神功正毅

Author:神功正毅
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR