民進党崩壊への序章 ~マニフェスト公募中止、元総務相離党、化学総連の連合離脱

反日ハンター・神功正毅です。
岡田克也・民進党代表が参院選まで2ヶ月半となった今に至ってもまだ参院選の勝敗ラインを打ち出せずにいることは
岡田克也・民進党代表、未だ参院選の勝敗ラインを打ち出せず
で伝えたとおりですが、「犬が人を噛んだ」程度のニュースバリューしかないのは承知のうえで民進党が未だに参議院選挙を戦える体制を整えていないことを如実に示すニュースを3つお伝えします。
まずは参議院選挙で掲げるマニフェストを政治の素人である国民から公募し、それを形にして掲げるならまだしも募集を途中で打ち切ったニュースから。
朝日新聞/民進、マニフェスト公募中止
http://www.asahi.com/articles/DA3S12334078.html
<引用開始>
 民進党は28日の執行役員会で、マニフェストの一部を公募する方針の撤回を決めた。党幹部は「岡田克也代表の強い意向でなしになった」と語った。公募には「自ら政策も決められないのか」との批判が出ていた。
<引用終了>



次は総務相を務めた樽床伸二・大阪府連幹事長が離党したニュース。
同/元総務相の樽床氏、民進党を離党
http://www.asahi.com/articles/ASJ4Z3SSTJ4ZPTIL00B.html
<引用開始>
民進党大阪府連は30日の常任幹事会で、元総務相で府連幹事長の樽床伸二・元衆院議員(56)の離党を了承した。府連によると、25日に離党届が出ていた。

 樽床氏は衆院議員を計5期務めたが、2012年、14年の衆院選で落選。この日の会議には出席せず、「民主党は政権運営に失敗し、国民の期待を裏切り、信頼を失った。無所属として再スタートしなければならない」とする談話を府連を通じて発表した。

 府連代表の尾立源幸(もとゆき)参院議員は会議の冒頭、「この大事な時期に非常に残念であり遺憾だ」と述べた。後任の府連幹事長には平野博文衆院議員が就任した。

<引用終了>


最後に民進党本体だけでなく支持母体の連合から全国化学労働組合総連合(略称:化学総連)が脱退するニュース。
時事ドットコム/化学総連、連合離脱へ
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016042500644&g=eco
<引用開始>
 大手化学メーカー各社の労働組合から成る全国化学労働組合総連合(化学総連、組合員数約4万6500人)が、連合からの離脱に向けて調整していることが25日分かった。産業別の労組全体が連合を抜ければ、1989年の連合発足以来初とみられる。連合側は離脱しないよう説得を続けている。
 化学総連は78年9月の結成。住友化学や三井化学、昭和電工など20組合と準加盟2組合で構成される。化学総連事務局は「独立することで弱体化した組織の強化を図りたい」と説明している。
<引用終了>



本体だけでなく支持母体の連合すら内部から崩壊するようでは岡田代表が参院選の勝敗ラインを打ち出せずにいるのもわかります。


では護憲派がどのくらいの議席を獲得可能なのか?
先の衆議院北海道5区補選で旧維新の党(現在の民進党に合流した松野派、おおさか維新の会)の票の内3割が自民へ、7割が池田真紀へ流れたと言われています。
民進、共産、社民、生活(以下略)の野党連合(以下「野合」)が完全に成立した場合の参議院の
1人区の得票予想がこれです。(ネットからの拾い物)
2016参院選予想










これを見ると野党惜敗率が100%を超えるのは岩手、福島、新潟、長野、沖縄の5区のみとなり、与党の参院選での圧勝は確実です(惜敗率102%の新潟すら取れない可能性があります)。

仮に与党が大きな失政(災害、テロへの対応の失敗、外交交渉での大譲歩)などをして惜敗率90%台の選挙区を失ったとしても宮城、三重、滋賀、高知が加わり野党の9勝23敗となるだけです。

これに東京で2議席、他の複数人区の各1議席を足しても「野合」は選挙区で20から25議席しか取れないことになります。

「野合」が選挙区の調整を岩手を生活(以下略)、沖縄を沖縄社会大衆党、東京の2人を共産党、民進党(増山”乳時雨”麗奈については出馬を辞退させるものとする)、その他の選挙区を民進党1人とすることができたとし、上記通り議席を得たとして、改憲派が東京、大阪で1議席公明が取り、大阪でお維新が1議席、その他の選挙区を自民が取ったとすると今回改選分の議席数はこのままの情勢が推移したとして以下のとおりとなります。


[選挙区]
自民47
公明2

お維新1

民進20
共産1
社民0
生活1

沖社1

合計73

では比例代表はというと、
NHKの最新の世論調査
NHK ONLINE/政治意識月例調査 2016年
http://www.nhk.or.jp/bunken/research/yoron/political/2016.html


から、
[自公]
自民48×34.9/54.9=31                     
公明48×4.1/54.9=4
計35議席


[改憲派]                      
日ここ48×0.0/54.9=0
お維新48×1.4/54.9=1
計1議席


[護憲派]
民進48×9.1/54.9=8
共産48×4.8/54.9=4
社民48×0.5/54.9=0
生活48×0.0/54.9=0
計12議席


[諸派・無所属]
0議席

となります。


選挙区と比例代表の議席数を足すと
自民78
公明6

日ここ0
お維新2

民進28
共産5
社民0
生活1
沖社1

諸派・無所属0

となり、非改選と合わせると
自民144
公明17

日ここ3
お維新7

民進46
共産13
社民1
生活2
沖社2

諸派・無所属7

となります。


この推測どおりであれば野党惜敗率が100%を超える岩手、福島、新潟、長野、沖縄のうち自民が1つでも取れば自公単独での憲法改正発議が可能な162議席に届きます。

仮に取りこぼしが16議席までなら日ここ、お維新、諸派・無所属を取り込めば憲法改正発議が可能です。



憲法改正発議が可能な与党の衆参両院での2/3独占の道筋が見えてきました。

ですが我々憂国派も油断はできません。
我々憂国派にとっての勝利の定義は自公で参議院の2/3を占めて7割、改憲派で参議院の2/3を占めて6割、諸派無所属を含めて2/3を占めて5割です。

改憲派が参議院の2/3を占めることができなければ我々にとっての勝利とは言えません。

安倍政権が慰安婦にワビを入れたこと、ヘイトスピーチ規制法案提出、TPPへの参加、移民受け入れに対する抗議はいいとしても改憲派政党への支持を揺るがせてはなりません。


「勝利の女神に後ろ髪はない」(勝機を逃した者が再びそれを掴むことはない)と言います。

この機会を逃さず次回参院選で自公、改憲派に参議院の2/3の議席を獲得させ、歓喜の歌を歌い、
ベートーヴェン 交響曲第9番「合唱」第4楽章(13:30ごろ)
https://www.youtube.com/watch?v=4fK9BlAgbP4






ドン・ペリニヨン













勝利の美酒を飲み干そうではないか!


スポンサーサイト

テーマ : 政治・地方自治・選挙
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神功正毅

Author:神功正毅
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR